2006年04月21日

イチゴを撮ってみました。

大好きなイチゴに迫って見たくて…。



イチゴ1.jpg


イチゴ.jpg
もう少し迫って見たくて。。




イチゴ1.jpg
もっと迫って見たくて。

頂ま〜す。手(チョキ)
撮影=息子です。
posted by taka at 22:43| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日はお疲れ様でした。
うまそうなイチゴ!ぐちゃぐちゃにして牛乳+砂糖でいただきたいですね〜( ̄¬ ̄*)じゅるぅううううリ

ツ○メ、身近なところで発見しましたよ。月曜日デジイチご持参ください(^-^)ノ
Posted by KETUNORI(^-^)ノ at 2006年04月21日 23:07
KETUNORI(^-^)ノさん
いつもお世話頂いて有難う御座います。ぐちゃぐちゃにして牛乳+砂糖 毎日でもいけますよね〜。月曜日楽しみにしております。(^^♪
Posted by cotton母 at 2006年04月22日 00:00
原寸より巨大ですね!このイチゴ!
実際にこのぐらい大きいイチゴを食べてみたい、というか巨大イチゴ大福なんか作ってみたら面白いと考える。
(ううっ、お馬鹿?)
Posted by がらすの森〜のぶ at 2006年04月22日 00:38
すごい、アップですね〜!(^^)!
超ドアップに うわぁ〜お♪
私も みかんの粒々、こんなに大きく撮りたいで〜す(^^)
(私の持っているマクロでは、こんな近くに寄れません^^;)
Posted by ちーさん at 2006年04月22日 00:46
がらすの森〜のぶさん
巨大イチゴ大福いいですね。。今度は巨大イチゴ大福に迫りま〜す。
Posted by cotton母 at 2006年04月22日 18:44
ちーさん
みかんの粒々、大きく撮りたいですよね〜。
楽しみにしております。(^_-)-☆
Posted by cotton母 at 2006年04月22日 18:46
加藤です。ただいま甲府から帰りました

■すばらしい撮影ですね
 かなりマクロ使いこなしているし、
 マクロ固有の被写界深度の浅さも克服しています

■助言
 イチゴという被写体の場合、限界までよっても
 花のように花芯があるわけではありません
 よって、近寄りすぎると単に大きくなりすぎる
 きらいがあります。
 だから、近寄り過ぎないという手もあるかも
 しれません
Posted by 加藤忠宏 at 2006年04月22日 20:20
加藤先生
助言有難う御座います。本当にそうですよね〜。
大きすぎて美味しくなさそうになってしまいました。^^;
Posted by cotton母 at 2006年04月22日 22:25
こんばんは、コメント遅くなりました。
すごいアップですね〜
思わずお〜ですよ
とてもみずみずしくて美味しそ〜ですね。
Posted by すーやん at 2006年04月22日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。